「歩行者に優しい」3次元画像認識-自動運転AI市場独占=3D Phased Array ミリ波レーダ=「自動設計ソフト」_Excel Simulation=特許制覇

PRODUCT INFORMATION

IMAGE(S)

 

SELLER

Yahoo! ID

h_endo_0112 (2)

LOCATION

新潟県 湯沢町

OPTIONS

PRICE
 : 10,336,000 円 ($0)
TIME  : 0d 5h 11m 37s
BIDS  : 0

DETAILED INFORMATION

QTY  : 1
STARTING PRICE  : 10,336,000 円
HIGHEST BIDDER  :  / 評価:
START  : 10月 18日 06時 56分
END  : 10月 21日 06時 56分
BID RESTRICTIONS  : あり
EARLY CLOSING  : あり
AUTO EXTENSION  : あり
AUCTION ID  : v522010405
CONDITION  : New
RETURNS  : 返品不可

ITEM DESCRIPTION

1.国家プロジェクト自動走行システムSIP (Strategic Innovation Promotion Program)」では、完全自動走行システム5年後市場投入が計画されています。10年後の国内市場規模に達する見込みです。自動運転国内関連市場規模20307兆円に、世界市場規模50兆円超える予測されています。

国土交通省23日に発表
乗用車と軽貨物自動車の「自動ブレーキ」について、国連作業部会で、国際的基準策定が始まる。国内販売新型車に「自動ブレーキ搭載する」ことを義務付けるか検討開始した。
 
2.車載ミリ波レーダは、対象物反射波、その3次元空間位置精確検出します。降雨・降雪・霧・靄・暗闇などの環境に対して、高性能昼夜全天候対応高精細3D画像認識AIセンサとして働きます。

3.「走路上周辺の検出対象物(歩行者/先行車/路上障害物/落下物/飛出し車両など)立体的・空間的画像認識」するペンシル状アンテナ・ビーム3次元空間電子スキャンする(先端技術)-車載ミリ波3次元パルス・レーダ[方位分解能0.3°測距分解能50cm]の設計手法図解Excel シミュレーションビジュアル機能動画グラフ活用して伝授します。
 
歩行者優しい」3次元画像認識=3D Phased Array ミリ波レーダ対象物検知認識”能力は以下の通り。
 
①「走路上を移動」する歩行者先行車識別を、3次元画像認識反射スポット画像配列検知)します。
反射スポット画像配列相違:(著作権)
歩行者は地上高1mから2m縦列配列に対して、車両数m四方マトリックス網目矩形]の配列を示す。

反射スポットドップラー信号(周波数)の相違
fd(ドップラー周波数)=2×fm(ミリ波周波数)×Vr(相対速度)/C(光速)で表される。
先行車自車の速度近い速度(相対速度<<自車速度)を示し、歩行者地上静止物類似した速度(相対速度自車速度)を示す。
 
(1)先鋭アンテナビームを「3次元空間電子スキャン」する Phased Array Antenna 形式ミリ波レーダを設計開発するために、大切な設計手引書①、②、⑥最適設計検証用動画グラフExcel シミュレーション③、④、⑤を提供します。
 
自筆手書きノートアレイアンテナ指向特性理論解析ノート」 
   (PDF 10頁= Note 17頁/図16/式100以上 )
自筆手書きノートPhased Array Antennaサイドローブ解消するためのアンテナ理論解析
 (PDF 5頁=Note 9頁/図4/式45以上 )
256×256素子 Phased Array Antenna のシャープな指向特性(半値角0.3度)-3次元自動電子スキャンスィープ角=水平-5度~+5度/垂直-1度~+4度)する「時間変化-Excel シミュレーション:画像3
3次元画像認識3D Phased Array Radar 動作原理スィープ角=水平-5度~+5度/垂直-1度~+4度)を3D表示する「時間変化-Excel シミュレーション:画像2
 
[1] 上記①記載の複数のKey方程式を反映させた、マクロ機能関数計算)を使用して、同アンテナの指向特性精細(時間変化)グラフ表示する。
[2] VBAタイマ機能を活用=アンテナ指向性3次元時間走査Phased Array Antennaビーム3DScanning]する制御方法Excel シミュレーションを、3D Phased Array ミリ波レーダ開発する設計要領指針として提供します。
 
即ち、このExcel シミュレーションマクロ機能制御画像3)⇒下記⑥のDDS制御翻訳・置換すれば、アンテナ・ビーム 3次元走査レーダ画像1)「3D Phased Array ミリ波レーダ」を実現出来ます。
 
⑤ 256×256素子 Phased Array Antenna 「開口面-余弦2乗電界分布」シャープ指向特性(半値角0.4度)N任意整数)サイクル_2D円周回転電子スキャン(スィープ角:-5度~+5度)する「時間変化Excel Simulationシミュレーション[サイドローブ Side Lobe解消した知的スマートアンテナ]
  
アンテナ・ビーム3D Scan_ミリ波レーダ制御方法PDF (全文3頁)で提供します。
(「PDF 3頁記載=具体的構造」は、特許取得可能性大により落札者にのみ提供
併せて、デジタル制御高安定発振器DDS動作原理特長について解説します。(PDF ファイル8頁)
   
(2) 車載衝突防止ミリ波レーダ  電波利用シンポジューム’91発表論文:印刷物 コピー19頁)
①ミリ波レーダの衝突防止装置 ②レーダセンサの構成 ③車両等の反射特性 ④対向車・並走車の電波干渉 ⑤車載レーダの走行試験 ⑥耐天候性(降雨/霧/降雪)  など
 
(3) 優れた検出能力を示す、高精度測距パルス方式ミリ波レーダを「開発する技術」を提供します。
 
距離検出回路距離分解能1m 以内設計手引書
 
[高速クロックを使用したデジタル回路/定電流積分回路を使用したアナログ回路の2種類]
(手書きノート19頁のプリントで、回路図/動作原理図を含めて詳細に、且つ易しく図解します) 
 
STC (Sensitivity Time Control) 回路設計手引書
 
種々の物体に対するミリ波電波の反射波強度は、物体までの距離の2乗-4乗に比例します。
レーダ近傍に存在する強雨雨滴吹雪雪壁(White Out)、路面凹凸飛来物、昆虫、野鳥、
ガードレール、路側の草木などの 近距離反射波を、
検出対象物(先行車/歩行者/落下物など)と誤認識誤検出することを解消するために、
レーダ受信感度を、パルス発射時刻から経過時間に伴って向上させる STC回路が不可欠になります。
(手書きノート凡そ7頁のプリントで、回路図/動作原理図を含めて詳細に、且つ易しく図解します)
 
レーダ発射電波高速パルス変調する-極超短波高速パルスSW(スィツチ)回路設計手引書
 
極超短波(ミリ波・マイクロ波)のレーダ発射電波を、高速パルス変調する高速極超短波パルスSW(スィツチ)
極超短波パルス立上がり、立下り時間 5ns )の機能原理、並びに回路構造駆動回路解説します。
(PDF ファイル7頁、詳細に且つ易しく図解します。)
 
4.ミリ波レーダコア回路であるMMIC [Millimeter Wave Monolithic IC] (ミリ波集積回路)を設計開発する際に鍵技術となる、ミリ波増幅器設計法およびミリ波増幅デバイス[HEMT他]の雑音特性を精確に表す Noise Simulation を提供します。
 
(A) ミリ増幅器(分布増幅器/定抵抗整合/BPF一体型)の設計ツール
 
分布増幅器=解析事例Word 9頁 +自動設計書 Excel 2ファイル+教科書PowerPoint 33
 BPF一体型増幅器=解析事例 Word 7頁+自動設計書 Excel 1ファイル+教科書PowerPoint 24
 定抵抗整合増幅器=解析事例Word 6頁+自動設計書 Excel 2 ファイル+教科書PowerPoint 40
 
 設計開発手順  下記:(1)→(2)→(3)
 
(1)設計手順解析書設計理論習得修得PowerPointで作成PDFに変換)
  「目標性能を達成」する回路設計理論を平易に且つ詳細にします。 
(2)自動設計書Excel Simulation エクセル・シミュレーション
(3)専用解析ソフトS-NAPマイクロ波無線シミュレータ」(MEL社)を適用した、自動設計書検証する
  「S-NAP解析レポート」(Wordで作成PDFに変換)
 
上記(2):自動設計書[Excel Simulation]特長は次の通りです。 Excel Sheet所定欄設計仕様を入力する「穴埋め方式」を採用、初心者にも容易使用できます。目標仕様ならびに使用するデバイス特性等を所定欄入力すると、Excelマクロ機能で、最適回路要件或いは所期特性自動計算設計グラフ描画解答します。
 
(B) ミリ波増幅デバイスNoise Simulation
 
ミリ波増幅デバイスミクロ的構造で定まるデバイスパラメータを与えると、ノイズパラメータ瞬時高精度解析・表示するNoise Simulation です。MMIC増幅特性雑音特性机上評価・事前評価できますので、ミリ波レーダに適した、MMIC開発スピード向上させます。ノイズ・パラメータ(NF雑音特性)は、NFmin(最小雑音指数)、Rn(雑音抵抗)、Γopt(NFminを与える最適電源インピーダンス)で与えられます。
 
(1)設計手順解説書理論解説書:①ミリ波帯_高精度ノイズ・パラメータ解析手法(PowerPointファイル)
(2)高周波Simulation解析事例②上記S-NAPを適用した、ミリ波増幅素子の増幅・NF特性解析レポート
  (Wordファイル) 
(3)自動設計書Excel Simulation初心者にも容易に使用できます。③Chip HEMT_NF自動計算シート
 (Excelファイル) ④Package HEMT_NF自動計算シート(Excelファイル)
 
5.ミリ波レーダ基盤技術習得の為に、実証実験評価用の「マイクロ波高速パルス・ドップラーレーダ
 の手書きレポート(PDF ファイル26頁)を提供します。
①レーダの動作原理機能を理解する
電波の反射特性を把握する

6.下記URLに掲載されている「79GHzミリ波(アンテナ/発振器/アンプ)等性能解析Simulation
 に適用したSimulation データ並びにそれを解析する易しい高度専門ソフト(Windows8/Windows10で動作)
 を、Auction落札者に提供出来ます。

7.3次元画像認識最先端技術をコンピュータ・ソフト凝集した本内容は、落札者希望に応じて、
全ての著作権(知的財産権)を提供出来ます。

3D Phased Array Antenna ミリ波レーダを適用した、3次元画像認識先端技術特許出願 実現出来ます。
特許登録実現、“次世代レーダ市場”を独占特許ライセンス収益」出来る。

落札者希望すれば、URL “特許出願極意 に掲載された、動画について
オリジナル原画Animation 付き自動頁送りPowerPoint)及び著作権提供できます。
 
上記技術要点抜粋」・「特許出願極意」及び「(動画グラフ時間変化Excel Simulation」③、④、⑤の動画を下記URLに紹介します。